« 奥武蔵グリーンライン リベンジ編 (長文、後半輪行手順あり) | トップページ | 荒サイ »

2013年6月22日 (土)

長谷寺

去年は閉門時間を過ぎてしまい、散策できなかった長谷寺へ。

Conv0002

Conv0009
JR鎌倉駅で江ノ電への乗車に40分待ちとのこと!
40分も待つなら歩いた方が早いので、散歩がてら歩きます。

Conv0003
到着すると、紫陽花散策に整理券が配られていて更に90分待ち。
恐ろしい程の人混みですが、番号を呼んでもらえるので境内散策しながら順番待ちします。

Conv0004
竹林があって、木陰はとても涼しく心地よい。
これなら、90分くらいは待てます。

Conv0005
1時間と少し待って、入場できました。
木札の通り、長谷寺で命名。

Conv0001
紫陽花とひとくちに言っても色だけじゃなく、形や大きさ、花弁の数が全然違うものなんですね。
どう見ても紫陽花に見えないものもありました。
入口で配られる団扇に、紫陽花の写真と名前が書いてあるので分かりやすい。

Conv0012
小振りなものがあったり、大輪のものもあったり。

Conv0006
同じ青系のものでも、紫色に近いグラデーションだったり。

Conv0013

境内の眺望散策路を小一時間掛けて、紫陽花を見て廻ります。

Conv0007
小さなお地蔵様もあったり。

Conv0008
紫陽花ばかりが有名ですが、染井吉野や紅葉もありましたから、一年を通して楽しめるのかも知れません。

Conv0010
喉が渇けばやっぱりビール!
あとはワインとピッツアで乾杯!!

Conv0011
陽の沈んだ江ノ島海岸でズボンの裾をまくって水遊び。
いい歳こいても、やることは子供と同じ。
海水が冷たく感じませんでしたから、もう夏はすぐそこです。

« 奥武蔵グリーンライン リベンジ編 (長文、後半輪行手順あり) | トップページ | 荒サイ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長谷寺:

« 奥武蔵グリーンライン リベンジ編 (長文、後半輪行手順あり) | トップページ | 荒サイ »