« 鶴見川CR | トップページ | 箱根仙石原 »

2012年11月 3日 (土)

みさきまぐろきっぷ

自転車でもオートバイでもなく、赤い電車で三崎港へ。
今日は朝っぱらから呑んじゃいます。

Conv0001
さすがは三崎漁港、マグロを余すところ無く食べ尽くします。

Conv0008
京浜急行の品川駅で「みさきまぐろきっぷ」を購入します。
特典は
・往復の京急フリーパス
・指定路線の京急バス
・協賛店舗の食事券
・指定ホテルの入浴券かマリンパーク入場券または観光船のどれかひとつ。
で、破格の\2,980也、一年を通して販売中。

朝からビールとつまみを買い込んで、快速特急に乗車します。

Conv0002
快速特急で1時間と少々、その後のバスが渋滞で40分ほど掛かりましたが三崎港へ。
さっそくランチタイム。
産直センター「うらり」横の「魚音」でマグロの親子丼をチョイス、1,500円相当のランチ。
もちろんビールもオーダーします。
インド産冷凍マグロですが、解凍が上手いのか美味です。
マグロの卵は初めてでした。
トロ鯖の干物も付いていて、これがまた絶品でした。

Conv0003
バスに乗ればフリーパスですが、折角なので200円を払い、渡し船に乗って対岸の城ヶ島へ。

Conv0004
十数年前ですが友人夫妻と「真夜中のドライビング♪」と銘打って、深夜、真っ暗の中来た以来です。
記憶を辿りに、あの獣道を探しましたが綺麗に整備されたのか見つかりません。
ちゃんとした遊歩道になってるようです。
あの時は懐中電灯片手に、蜘蛛の巣を払いながら降りた記憶が…

Conv0005
砂浜から岩場を歩き、崖のコースを登りきると対岸に房総半島が見えます。
島をほぼ一周、距離にして6km程度でしょうか。
舗装路ではなく、登りも険しいので結構な運動になりますよ。

Conv0006
時刻は日没前、入浴できる京急城ヶ島ホテルへ。
歩き疲れたカラダをほぐします。
男子露天風呂からは、伊豆半島へ沈む大きな夕日が見られました。
天気が良ければ正面に富士山も。
残念ながら、女子露天風呂は角度の問題で見えなかったそうな。
日が沈むのを見切るまで出るに出られず、のぼせ気味。
いつもなら早風呂で待つ方ですが、今日ばかりは待たせる方に。
遅くなったお詫びに、缶ビールを奢って差し上げます。

Conv0007
バスの本数が少ないのと、R134の渋滞がネックではありますが三崎口駅へ。
駅前で蕎麦を食して、缶チューハイとつまみを買い込んで帰りましょう!

但し、京急線にはトイレ付き車両はないので程々に。
泉岳寺駅発着の快特だと旅仕様のボックスシートにほぼ乗車できます。
都営浅草線直通の場合、通勤仕様のベンチシート車両ですからビール片手に似合いません。
ちょっと待ってボックスシートがオススメです。

値段の割に満足度高めでした。

« 鶴見川CR | トップページ | 箱根仙石原 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

みさきまぐろきっぷ、けっこう盛りだくさんな内容ですね。
うちの嫁に話したら「じゃ、次の休み行く?!」とのりのりでした(笑)
一日乗って、食べて、温泉に浸かって3000円ならお得ですよね。
ってことは払ったのはビールと渡し船ですか?
ちなみに観光船と渡し船は別ですよね?
本来城ヶ島はこのパスだとバスで行くということになるんでしょうか。
こんなパスがあるとは知りませんでした。

私も早速スケジュール確認して行ってみたいと思います!

京急の品川駅で当日買うという感じですか?

質問が多くてスミマセン。

話は変わりますが、年末皆さん色々お忙しいと思いますが今年は忘年会やりましょうか?

12月に入ると東京駅丸の内側はイルミネーションが綺麗ですから、写真撮影など軽くした後に宴会というパターンではどうでしょうか?
ちょっと勇気を振り絞って掲示板に書き込んでみようかと思います(笑)

>Satoshiさん、どーもです。
デートコースにオススメですよ、安いし。
仰る通り、追加代は呑み代と渡し船でした。

切符は京急品川駅の有人窓口で売ってます。
自動改札を通れる切符じゃないので、有人改札へ。
で、バスの本数が少ないのと周辺道路の渋滞がネックですが、うまいタイミングで乗れば座れますよ。混んできますけど。
行く方面によって、三崎港行き、城ヶ島行き、油壺行き等々があります。城ヶ島行きは三崎港を経由します。
僕らは三崎港で降りてランチと物産センターを覗いて、渡し船で城ヶ島へ行きましたが、食事処も色々とあるので電車内で検討しておくと良いですよ。
電車は前より車両に乗ると、三崎口駅で改札に上がるエスカレータが近いので、バス待ちに有利でした。

チケットの観光船は水中観光船で、渡し船とは別でした。
僕らは日帰り入浴をチョイスしたので、詳細は良く解りませんが、小さな観光船でした。

注意点は、京急城ヶ崎ホテルの日帰り入浴が18時まで。
干物やマグロを売っている三崎港の産直センターが17時閉店です。これは現地で聞きました。
帰りに買い物をする予定でしたが、間に合わず…
生ものを午前中に買うのを躊躇ったのが敗因。

また、毎週日曜の朝5時~9時には朝市が開催されている模様です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みさきまぐろきっぷ:

« 鶴見川CR | トップページ | 箱根仙石原 »